【質問】
サラ金やクレジット業者からの取り立てが厳しくて、遠く離れた土地に妻と子供を連れて夜逃げを考えています。

私はもうこれ以上サラ金への返済ができません。

質問ですが、夜逃げをすることでサラ金やクレジット業者からの取り立てを逃れることができるでしょうか。

悪いこととは知りながらも辛い毎日です。

なお、住民登録をそのままにしておくと、どのようなデメリットがあるでしょうか。

新しい場所で住民登録をしなくても、子供は学校に影響はでませんか?

また、夜逃げをすることで、借金の時効の消滅はどのようになりますか?

 

借金の返済に追われ、さらに貸金業者の取り立てに追われる日々は、なんと苦しく辛い日々のことでしょうか。

あなただけではなく、ご家族様も精神的に困惑される日々のことでしょう。

この苦しさから一刻も逃れたく、一家で夜逃げを考えるあなたかもしれません。

しかし、住民票を動かさずに夜逃げを続けることで、はたしてサラ金業者は訴訟をせずに諦めるでしょうか。

また、お子さんへの影響はいかがなものでしょう。

本章では、夜逃げ寸前のあなたのための、借金救済方法をお伝えいたします!

【借金問題の無料相談を実施中】⇒債務整理に特化した信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介!あなたに寄添い心強く救済します!【全国対応】

【借金の経済苦で死にたい!消えたい!飛び込みたい!】そんな苦悩のどん底にいるあなたは、今すぐ!躊躇わずに弁護士に債務整理のご相談をなさってください!

珈琲 左

このサイトまでの道のりに、幾度となく【夜逃げ】や【死】が脳裏をかすめたあなたかもしれません。

しかし、誰よりも苦しんだ「あなた」だからこそ誰よりも誰よりも幸せにならないといけないのです。

借金なんかに負けずに、生きて生きて生き抜かなければなりません。

借金問題は必ず!絶対に解決できるのです。

ご家族やお子さんの笑顔のためにも、一歩前に進んで弁護士や司法書士へご相談をなさってくださいね。「冬は必ず春となる」のですから!

    

夜逃げを選択するあなたの状況は・・・

 

借金の多重債務で苦しむ人が急増する中で、生活苦や借金苦による「夜逃げ」や「自殺」が増加しています。

また、夜逃げをする人の中には、アパートや借家を借りることができずに、路上生活を強いられる人や自動車などの中で生活するいわゆる「ホームレス」になる人も増加しているのです。

目の前のあなたも、大切なご家族を抱えて、大変な苦悩の中にあり、まさに「心臓をえぐり取られる」胸中のことでしょう。

しかし、取り立ての苦痛から逃れるための「夜逃げ」の選択は、あなたやご家族にとって果たしてベストな方法でしょうか。

借金返済の無料相談を実施!債務整理に特化した信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介【全国対応】

関連記事⇒借金返済ができず督促が怖い!自殺や離婚を救う3種類の債務整理とは

住民票を移動させずに行方をくらます恐ろしさとは?

夜逃げや家出を選択した多くの方々は、住民票を異動せずに“そのまま”にした状態で数年から10数年と行方をくらますことになります。

しかし、どんなに逃げ回っていても、サラ金業者等はあらゆる手段であなたの居場所を捜し出し、どこまでもどこまでも取り立ての追求を続けてきます。

「もう長い年月が経っているし、大丈夫なはずだ」と思い、住民票を移動させてしまうと途端に、再び【以前よりもさらに厳しく】サラ金やクレジット業者の取り立てが復活してしまうのです。

それはなぜでしょうか。

一部の業者では、「行方不明者の住民票の異動を恒常的に監視」を専門としている「管理部門」が真っ先に居場所を突き止めてしまうからにほかなりません。

夜逃げをするがサラ金業者に居場所を知られた例

それでは、3つの具体的なケースをご紹介いたしましょう。

●九州から家族で夜逃げをした一家の長男が、大きくなって結婚を機に住民票を移動したところ、サラ金業者の取り立てが復活した。

●茨城県で自営業をしていたが事業に失敗し、夜逃げをして都内の運送会社に住み込みで働いていた夫婦が、子供が生まれたために出生届をするために住民票を移動したところ、サラ金業者の取り立てが復活した。

●7年前に事業に失敗して多額の借金を抱えた56歳の夫は、妻と離婚(子供は妻のもとに)して夜逃げをした。

●ある日、病気で倒れて救急病院に運ばれたものの、治療費や入院費用の20万円が支払えず、病院の勧めで「住民票を移動させて健康保険証」を作成したところ、7年前のサラ金・クレジット業者の取り立てや催促が復活した。

 

上記4つの例のように、多額の借金を抱えて夜逃げをした人の多くは、住民票を異動していないためにパートやアルバイトなどの不安定な仕事にしか就けません。

そればかりか健康保険にも入れないので病気やケガをした場合のリスクがあまりにも大きいのです。

ですので、借金が原因で夜逃げをしても、法律的にはサラ金やクレジット業者からの取り立てを免れることはできず、根本的な借金問題の解決手段にはなりません。

【借金問題の無料相談を実施中】⇒債務整理に特化した信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介!あなたに寄添い心強く救済します!【全国対応】

【借金の経済苦で死にたい!消えたい!飛び込みたい!】そんな苦悩のどん底にいるあなたは、今すぐ!躊躇わずに弁護士に債務整理のご相談をなさってください!

住民登録をしてなくても子供は学校には行かせてあげれる

ところで、夜逃げで一番心配になることが、「子供の学校」のことと「子供の健康管理」でしょうか。

大人の自分たちよりも子供が心配になるのは当然ですね。

夜逃げが原因で住民登録をしていなくても、小中学校は義務教育なので一応入学や編入は認められています。

しかし、やはり住民票を異動しないことで健康保険証を使うことができませんので、子供が病気になった場合には全額を支払うことになるばかりか、身体の具合が悪くても、満足な治療を受けさせてあげることができなくなります。

また「児童手当の受給」もされなくなり、国民年金や国民健康保険も適用されず、選挙権も行使などもできず、多くの支障が出てきます。

なお、子供の学校のことでは、いずれ正式な住民登録をする必要がありますので、半永久的に住民異動をしないわけではありません。

夜逃げ中の結婚と出産

夜逃げ後に、結婚のために新しい住所へ住民票を異動することで、途端にあなたの居場所がわかりますので、やはり住民票の異動が難しくなることでしょうか。

また、そのような理由から戸籍などの法的書類の提出も躊躇うようになり、子供が生まれても役所に提出しないまま、「未就籍児」・「未就籍者」として戸籍に載らない子供になってしまいます。

このように、夜逃げをした場合には就職をはじめ、各行政サービスや子供への教育などに大きな影を落とし、通常の生活を営むにはあまりにも困難な場合が多いのです。

夜逃げ中の借金の消滅時効は?

債務者が夜逃げをしたことを知ることで、サラ金などの貸金業者はあなたの居場所をとにかく探してきます。

それは、債権(借金)の消滅時効が10年ですので(民法167条1項)時効が経過する前に、民事訴訟などを起こせば時効を中断できるからです。

このために、「時効を待って借金が消滅することを期待する」には、あまりにも浅はかな考えといってよいでしょう。

さらに、あなたが夜逃げをしている間で、もしかしたら支払い義務のない他の親族などが悪質な取り立てを受けている可能性もゆがめません。

【借金問題の無料相談を実施中】⇒債務整理に特化した信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介!あなたに寄添い心強く救済します!【全国対応】

【借金の経済苦で死にたい!消えたい!飛び込みたい!】そんな苦悩のどん底にいるあなたは、今すぐ!躊躇わずに弁護士に債務整理のご相談をなさってください!

一刻も早くに弁護士や司法書士に相談を!

今、目の前のあなたは、借金の苦悩に喘いだ挙句に「夜逃げ」を考え、自暴自棄の状態のあなたかもしれません。

しかし、夜逃げを選んだところであなたにも、ご家族様にも幸せは遠のき、苦しみの涙は果てしなく続いていくことに他なりません。

弁護士や司法書士に借金整理を依頼すると辛い取立てがストップします!

あなたが弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、あなたと弁護士等の間で「委任契約」が交わされることになります。

委任契約が成立すると、弁護士等は、「相談者(あなた)が借金の整理を委託した通知」をサラ金業者に文書で送付します。

この文書を「受任通知」といいますが、この「受任通知」には、大変に大きな効力があるのです。

それは、サラ金業者が受任通知を受け取った時点で、サラ金業者からの取り立てや督促が停止するのです。

受任通知を受け取ったサラ金業者は、借金をしている人に取り立てといった行為をすることを、法律で禁止されているからです。

関連記事⇒借金の返済や督促・催促の取立てが止まる!弁護士が送る受任通知とは

関連記事⇒借金返済ができず督促が怖い!自殺や離婚を救う3種類の債務整理とは

珈琲 右

弁護士や司法書士がサラ金業者に送付する【受任通知】には、サラ金業者による本人に対する直接の取立てをやめさせて、平穏な生活を取り戻すという深い意味があります。

取り立てや電話に怯えることなく、夜もぐっすり眠れるようになりますね!

受任通知後は、いよいよ債務整理のスタートになります。

弁護士は、あなたの最大の味方です。

夜逃げを考える前に、まずは弁護士(または司法書士)に一刻の早く相談をしましょう。

受任通知の効力とは?

なお、受任通知では、同時に以下のようなことも行います。

弁護士による受任通知の効力

①貸金業者等に、取立てをはじめとする一切の連絡をしないように警告する

②全ての交渉は、弁護士(または司法書士)が行うことを伝える

③取引履歴の開示を求める

 

【借金の経済苦で死にたい!消えたい!飛び込みたい!】そんな苦悩のどん底にいるあなたは、今すぐ!躊躇わずに弁護士に債務整理のご相談をなさってください!

珈琲 左

借金の返済に追われる日々は、本当に辛く厳しく、そして眠れない状況と察知します。

あなた一人でどん底の苦しみを抱えずに、債務整理を専門とした弁護士や司法書士に今のお辛いお気持ちを吐き出してください。

弁護士や司法書士は、あなたの心強い味方です。何でもご相談なさって、あなたの疲れた心を休ませてあげてくださいね。

借金の苦しみは、必ず!必ず解決できるのです。