多重債務を抱えながらの借金返済・・。目の前のあなたは、怒濤の難のど真ん中に立って、どんなに辛く、どんなに苦しい悲惨な日々を過ごされていることか。

誰にも相談できずに、声にもならない悲痛の涙を流してきたことでしょうか。

身も心もズタズタになりながらも、あなたは充分に頑張って返済を続けてきたはずです。

だから、もうこれ以上、あなたはご自身を苦しめる必要など全くないのです!後ろめたい悲運の人生を歩む必要など全くないのです!

どうか、あなたは頑張って返済を続けてきたご自身をどうか許して労ってあげてください。

そして「死」という魔に負けず、弁護士に借金の苦しみを全て打ち明けてみてくださいね。

当サイトは、借金の経済苦でもがき苦しむ目の前のあなたの味方であり続けます。

【借金問題の無料相談を実施中】⇒債務整理に特化した信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介!あなたに寄添い心強く救済します!【全国対応】

【借金の経済苦で死にたい!消えたい!飛び込みたい!】そんな苦悩のどん底にいるあなたは、今すぐ!躊躇わずに弁護士にご相談をなさってください!

珈琲 左

【債務整理】という、借金整理の方法が絶望のどん底に沈むあなたを救ってくれるのです!

借金返済の地獄の苦しみは、必ず!必ず!必ず!解決できます!乗り越えられるのです!

そのためには1秒も早く、弁護士(または司法書士)に今の現状を相談されて手続を依頼なさってください。

弁護士は、苦悩に沈むあなたの頼もしい味方です。

弁護士を信じて、生きて生きて生き抜いてください。

借金なんかで死んではなりません。死なないでください!どうか・・・

  

債務整理は「死」を考えるあなたを救済するための借金整理方法!

苦しい時は、この闇が永遠に続くような気がするものです。

しかし、そうではない。

冬は必ず春になります。永遠に続く冬などありません。

借金地獄の苦しみは、あなたしかわかりません。

ですが、決して、借金のためにご自身の人生に終止符を打たないでください!

債務整理は目の前のあなたの生命を守るための、あなたのご家族を守るための、あなたが安堵の笑顔にするためにある法律で規制された救済方法なのです。

弁護士や司法書士を信頼して包み隠さず相談をなさってください

我慢強いあなたは、これまでどの位、血の滲むような借金返済の苦しみを味わってきたことか。

本当によく頑張りました。よく耐えて返済を続けてきました。

そんなあなたのお辛い現状を、弁護士や司法書士にだけは包み隠さず話してみてください。

もう、それだけで、どんなにあなたの心が安堵することでしょうか。

泣いてもいい!借金返済の苦悩を弁護士にオープンに!

時に、借金返済に苦労している自分が惨めに思い、涙が溢れて相談どころではないかもしれません。

銀行やカード会社、消費者金融等からの多額な借金額に、「こんなに借りていたのか・・・」とあらためて苦悩の涙を流すあなたかもしれません。

しかし、ご相談をなさる弁護士(または司法書士)は、あなたの頼もしい味方であるのです。泣いてもいいのです。

弁護士や司法書士を信頼して、全ての借金を包み隠さずに話してくだいさい。

その1歩が、真っ暗なトンネルに光をかざす「人生の再スタート」となるのです。

【借金問題の無料相談を実施中】⇒債務整理に特化した信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介!あなたに寄添い心強く救済します!【全国対応】

【借金の経済苦で死にたい!消えたい!飛び込みたい!】そんな苦悩のどん底にいるあなたは、今すぐ!躊躇わずに弁護士にご相談をなさってください!

弁護士や司法書士には「守秘義務」があります!

ご相談を受ける弁護士や司法書士には、守秘義務を負っておりますので、原則、弁護士等からご家族や勤務先等へ問い合わせることはありません。

(※【場合によっては】事前にあなたと協議のもと、ご家族様にご協力を求めたほうが良い場合もあります)

ですので、どうか弁護士や司法書士を信じて、安心して頼ってくださいね。

弁護士があなたに適した債務整理の方法を判断します

弁護士(または司法書士)にご相談をされる場合は、現在抱えている借金件数や借金額などを全てありのままに相談なさってください。

どんなに借金件数や借金額が多くても決して恥ずかしがらずに、まして怖がらずに全てをオープンに伝えてください。

どんな借金であれ、必ず解決する方法があるのです。

なお、弁護士や司法書士には「守秘義務」があり、あなたとの話が外部に漏れることはありません。

弁護士(または司法書士)に相談する際に「借金一覧表」を持参して!

ご相談の際には、①借入先の一覧表、②借金額、③あなたの給与明細書、④家計の収入状況などがわかるもの等を持参なさってくださいね。

特に、借金額については、

・消費者金融はもちろん、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫等からの借金

・支払い中の住宅ローン

・支払い中の自動車や商品ローン

・リボ払いで購入し、まだ完済していない商品ローン

・どなたかの保証人になっていれば、その保証額

・会社や友人、親戚等からの借金

・滞納している家賃、電話や携帯料金、光熱費等(これらは滞納することで借金とみなされます)

借金の現状をつかむためにも、(心苦しい作業ですが)どんな借金であれ、まずは書き出してみてください。

弁護士は、あなたの収入状況や借金状況等から、あなたに適切な債務整理の方法を判断されます。

関連記事⇒債権者一覧表は債務整理の重要書類です!記入ポイントと注意点を解説

珈琲 左

弁護士のアドバイスのもと、実際にどの債務整理を行うかはあなたの決断です。

その後は弁護士に手続きを委任することになります。

委任を受けた弁護士は、債権者(銀行や信販会社、消費者金融等)に対して、【受任通知】を送付しますが、この受任通知はただの通知ではありません。もの凄い法的効力があるのです。

弁護士が送付する受任通知で借金の取立てがストップします!

あなたが弁護士(または司法書士)に債務整理を依頼すると、あなたと弁護士との間で「委任契約」が交わされ、この契約が成立すると弁護士は、債権者に受任通知(あなたが借金の整理を委託した通知)を債権者に送付します。

受任通知が債権者に到達すると、「貸金業の規制などに関する法律(貸金業法第21条)」及び「金融庁事務ガイドライン」により、受任通知後の電話等による一切の取立て行為が禁止となるのです。

(※これら法律は、刑事罰や行政処分の対象となっておりますので、通常、債権者の取立てはストップされます。)

関連記事⇒借金の返済や督促・催促の取立てが止まる!弁護士が送る受任通知とは

受任通知の力強い効力について

弁護士等からの受任通知は同時に以下のようなことも行います。

①債権者に、取立てをはじめとする一切の連絡をしないように警告する

②今後、全ての交渉は、弁護士(または司法書士)が行うことを伝える

③取引履歴の開示を求める(取引履歴というのは、「いつ・どれだけ借入れをして、どれだけ返済してきたか」という、これまでの取引の一覧になります)

弁護士(または司法書士)はあなたの味方です!

借金の支払いに追われると、精神的にギスギスしてしまい、心のゆとりは失います。

今のあなたは、まさに「地獄の苦しみの渦中」の真っ只中にいることでしょうか。

ですが、もう頑張らないでください。

(これでもか!これでもか!)と、あなたは精一杯踏ん張ってきたのですから!もう、あなた自身を許してあげてください・・・。

当サイトをご覧になったあなたは、既に一人ではありません。

弁護士や司法書士があなたを「がっちり」守ってくださいます。

何でもご相談をなさって1日も早く笑顔のあなたに戻られてくださいね。

あなたやご家族の幸せのために!債務整理で安心の再出発を!

多額な借金苦のために、家族が散る必要はありません。

多額な借金苦のために、家族の人生を奪う必要はありません。

多額な借金苦のために、自死を選択する必要など絶対にあってはなりません。

現実は厳しいのは決まっています。

しかし、あなたのドン底の悲惨な経験は、今後の人生を生きるための貴重な経験となるはずです。

何よりも、同じ苦しみに喘ぐ人々へ「同苦」と「励まし」を送れる大きな使命があなたにはあるのです。

そのためにも、弁護士にご相談するために「一歩前」に勇気の心で進んでくださいね。

あなたの勇気が、永遠に続くご家族の笑顔となるのです。

【借金問題の無料相談を実施中】⇒債務整理に特化した信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介!あなたに寄添い心強く救済します!【全国対応】

【借金の経済苦で死にたい!消えたい!飛び込みたい!】そんな苦悩のどん底にいるあなたは、今すぐ!躊躇わずに弁護士にご相談をなさってください!

3つの債務整理の方法を知ろう!

多額な借金を整理する方法には、任意整理、個人再生、自己破産の3つの手段が用意されています。

そのうちの自己破産は、多額の借金を抱えて「支払不能」の状態に陥った場合の最後の救済手段として利用されます。

一方、もっとも多くの方々に利用されている債務整理が【任意整理】です。

それでは、この3つの債務整理の方法を、あなたにわかりやすくお伝えします。

任意整理とは何?

任意整理というのは、裁判所を使わない手続きとなり、弁護士または司法書士があなた(債務者)に代わって債権者と直接に交渉をし、返済額や返済方法を合意したうえで借金問題を解決する方法です。

具体的には、弁護士や司法書士が利息制限法に基づいて引き直し計算をし、減額された借金額で原則3年(36回)の分割によって返済を行っていきます。

なお、債権者との直接の交渉となりますので、任意整理では基本、弁護士(または司法書士)に依頼して交渉をしていただくことになります。

関連記事⇒減額後の借金を3年の分割払いで返済する任意整理の意味と流れを解説

②個人再生とは?

個人再生とは、裁判所を通す手続きで、引き直し計算をしてかなりの借金が残り、さらに、3年(36回)の分割にしても借金を支払えそうにない場合に選択されます。

裁判によって、(任意整理よりもさらに大幅に借金を減額)してもらい、その返済額を原則3年(36回)の分割払いにしてもらう手続きです。

なお、大幅に減額されていても「借金の返済をする」ことになりますが、【住宅資金特別条項】という制度を利用することで、支払い中の住宅ローンを抱えていても、住宅を手放さずに手続きが進められます。

ただし、住宅ローンは減額にはなりませんし、一定の制限もありますので注意が必要です。

関連記事⇒住宅ローンとサラ金の返済二重苦の方へ!個人再生で自宅を守り借金減額を

③自己破産とは?

自己破産手続は、将来の収入で返済しようにも明らかに返済困難であり、裁判所より「支払不能」と認められた場合の最後の選択技が【自己破産】です。

そのため、借金の総額が50万円でも、100万円でも、あなたが本当に支払不能であれば自己破産が認められます。

なお、自己破産には「同時廃止」と「破産管財」の2種類があります。

関連記事⇒支払い不能で借金返済が困難なあなたを救済する自己破産の免責とは?

同時廃止手続とは?

同時廃止とは、あなたに財産や資産がほとんどなく、借金を抱えた事情に問題がない場合に取られる手続です。

同時廃止では、免責が認められれば借金全額が免除され、申立てから免責確定まで、およそ4ヶ月程度となります。

なお、通常、多くの方々がこの同時廃止の手続きをされてます。

関連記事⇒破産手続開始決定による同時廃止とは何?意味と流れを分かり易く解説

破産管財とは?

破産管財とは、一定以上(20万円以上の資産と99万円を超える現金)があったり、借金を抱えた事情に問題がある場合に取られる手続です。

この場合、破産手続の開始が始まると、破産管財人が選ばれて、そのあとの手続が進みます。

換価できる高額な不動産等は手放すことになり、破産管財人がそれら資産を現金化する手続きをして債権者に配当することになります。

なお、簡単な手続でも6ヶ月、資産の処分があるとさらに時間がかかります。

関連記事⇒破産管財事件だと家は差押えになる?住宅ローン返済中はどうなるの?

珈琲 右

借金の返済苦で死にたい・消えたい・飛び込みたい・・・と思いつめているドン底の苦しみの渦中のあなたへ・・・

明日の朝日が昇るのも怖い日々かもしれません。

苦しい時は、この闇が永遠に続くような気がしてしまいます。

しかし、そうではない。

冬は必ず春になります。永遠に続く冬などありません。

誰よりも苦しんだあなたが、誰よりも人の心がわかるあなたなのです。

誰よりも辛い思いをしたあなたは、誰よりも人のやさしさに敏感なあなたのはずです。

幸せになってください。苦しみの涙が安堵の笑顔溢れる幸せな涙となりますように・・・。