【質問】近くに自己破産の申し立てを考えている会社員です。

私には、サラ金業者に無理やりに立てされた保証人がいます。

その保証人も、私のサラ金からの非常に厳しい取り立てに困り果ててます。

このような場合、私が自己破産をすることで保証人はどうなるのでしょうか。

保証人には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。何かよい方法はあるのでしょうか。

 
自己破産を選択する場合に、大きな壁となるのが連帯保証人の存在です。

 
両親や子供を連帯保証人にしている場合はまだしも、会社の同僚や友人・知人などが連帯保証人になっている場合には、絶対に迷惑をかけられない思いから、破産手続きの申し立てを躊躇うあなたかもしれません。
 

今、こうして悩んでいる時間にも、保証人に対して、サラ金からの厳しい取り立てが続いているはずです。

 
この章では、自己破産をした場合の、その連帯保証人に及ぶ影響と対処方を解説いたします。
 
債務整理に特化して全国対応!信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介

 

 

保証人を含めた債務整理を検討する

 

まず、あなたにお伝えすることは、実際に破産宣告を受けても、免責が得られないと債務者であるあなたの借金はなくなりません。

 
保証人の責任は海よりも深い・・・つまり、最終的な救済は得られないことになります。
 

自己破産の申し立てをする場合は、免責不許可事由にあたらないかどうかをまずは確認なさってくださいね。
 

それでは問題に入りましょう。
 

そもそも保証債務というのは、債務者のあなたが借金を履行しない(返済できない)ときに、その履行をするために(返済をするため)貸金業者と保証人との間で契約をすることです。
 

このため、あなたが自己破産をして借金の支払いが全て帳消しになったとしても、保証人の債務はなくならず、保証人としての責任から免れることはできません。

 
貸金業業者から見れば、あなたが自己破産などをして借金を支払えなくなったときの代わりとして、保証人に支払ってもらうために保証契約をしているわけです。
 

したがって、債務者であるあなたが自己破産を申し立てて免責が決定されても、保証人自身の責任はなくなりませんので、保証人へはサラ金業者の取り立てと請求がますます集中することになるのです。

 
つまり、保証人や連帯保証人は、自分が保証をした保証額についてはあなたが支払えない利息も含めた残額も一括にして支払うことになるのです。
 

関連記事>>>借金の保証人の責任は海より深い!保証人の悩みを一緒に解決します
 
関連記事>>>保証人と連帯保証人の違いとは?取り立ての責任と対処法を解説!

 

保証人も支払い能力がない場合の対処法!

 
保証人も支払い能力がなく、保証債務額の支払いが不可能な場合、保証人もあなたと同時に自己破産の申し立てをして、保証債務の整理を行う必要がありましょう。
 
関連記事>>>借金の滞納続きで返済不能。夜逃げを考える前に自己破産の検討を
 

また、保証人にある程度の財産があり、分割や減額によって弁済ができる場合には、あなたと一緒に任意整理をすることも考えていただきましょう。

 
関連記事>>>減額された借金を3年間で返済可能ならば任意整理の選択を!
 

このため、保証人や連帯保証人がいる場合、いきなり破産の申し立てをする前に、保証人のこともしっかり考慮して、保証人に十分説明して納得していただくことが大切です。
 

ツワブキ(困難に負けない)ツワブキ(困難に負けない)

自己破産申し立てをするかどうかは、保証人のご家族にもよく事情を説明して納得していただく必要があります。辛い立場のあなたですが、保証人にもご家族にも、陳謝と誠意をもって対応してまいりましょう。

保証人や連帯保証人には求償権がある

 
保証人があなたに代わって貸金業者(債権者)に支払った金額については、後日、あなたに対して求償(支払った分の返還請求)する権利があります。

 
また、債務者のあなたには支払い能力はなくても、他に連帯保証人がいるという場合には、連帯保証人の頭数で割った分については、他の連帯保証人に請求することができます。

 

実際は求償権の行使は困難

 
しかし、このような求償権を行使して、貸金業者に支払った保証額を回収しようとしても、あなた自身や相手に資力がない限り、回収は非常に困難であるのが現実です。

 
債務整理に特化して全国対応!信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介