任意整理とは、あなたの申し出により、弁護士が債権者と話し合い、借金の返済額や返済方法を合意したうえで借金問題を解決する方法です。
 

この手続きを弁護士に依頼する場合、最も重要なポイントがあります。
 

それは、「借入している債権者のすべてを包み隠さず全てを伝える」ということです。

 

消費者金融や信販会社などの債権者は1つも残すことなく任意整理の対象としましょう。
 

また、このような債権者を隠しておくことは、再び借金を増やす元凶になります。

 

債務整理を成功させるには「もう2度と借金をしないこと」に尽きます。
 

それには、債権者からの「借入を繰り返しできる」状況を閉ざすことが、無借金生活への第1歩となるのです。

 

それでは、弁護士へ相談する前に、あなた自身でやるべき大切な事を確認しましょう。
 
債務整理に特化して全国対応!信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介
 

ショウブ(優しい心)ショウブ(優しい心)

任意整理を行う前に、あなた自身で借金一覧表を作成してみますよ。借金一覧表は、どの債務整理を行うにしても役に立ちますからね。(ちょっと大変だけど頑張って!)

弁護士に任意整理を相談する前にあなた自身で「債権者一覧表」を作成してみる

 

任意整理では借金の全額を整理することが大変重要になります。
 

そのためには今現在の借金全体像を知ることから始まります。

 

たとえ親戚から借りたお金であっても、また、会社からの借金であっても「どんな借金」でも一覧表としてあなた自身で書き出すことが大切になります。
 

弁護士に相談する前に債権者一覧表を作成して現状を把握する

 

「債権者一覧表」には次のようなことを記入しましょう。

 

①借金している相手(貸金業者の支店や名前、住所)

 

名前を書くのも思い出すのも辛い作業かもしれませんね。
 

しかし、後々に面倒な事態を避けるため、また過払い金を見逃さないためにも、借金している相手を全て記入してみましょう。

 

②現在の借金残高

 

現状をしっかり把握するためにも、ありのままで全ての借金残高を記入します。

 

「こんなに多いのか」と落胆されるかもしれませんが、決して少なく書いてはなりません。
 

③いつ頃から借入したか

 

貸金業者と最初に取引を始めた時期を書きます。

 

借金の取引開始時期によっては、過払い金が生じている場合があるのです。
 
高金利は返済しない!法律で定めた利息制限法で過払い金を取り戻そう

 
最初の契約書が残っていれば正確な年月日を記入できますが、わからない場合は「平成〇年」だけでも構いません。
 

後に弁護士が「取引履歴」の開示を貸金業者に求めますので“おおよそ”でも記入しておきます。
 

④借金はいつまで支払っていたか

 

それぞれの借金の最後の支払いはいつ頃かを記入します。このことで、滞納していた期間がわかります。
 

なお、債権者一覧表を作成するにあたり、契約書などが手元になくわかりにく場合、弁護士に相談してみましょう。
 

弁護士が、あなたの信用情報や貸金業者、それぞれの個人信用情報機関に問い合わせていただけます。
 

個人信用情報機関では、銀行などの金融機関やクレジット会社、債権者と取引をした時点で、個人の信用情報は登録され、その情報は5~7年間保存されます。
 

債務整理に特化して全国対応!信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介
 

ツワブキ(困難に負けない)ツワブキ(困難に負けない)

借金一覧表には、すでに完済した債権者も忘れずに記入するのですよ。完済した日から10年以内でしたら、過払い金の返還請求ができますからね。

借金一覧表には具体的に借入先と現在の借金残高を記入する

 
消費者金融や信販会社などの借金は隠さずに書き出し、下記のような借金も具体的に一覧表へ記入しましょう。

 
①銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などからの借金
 

②支払い中の住宅ローンや自動車のローン
 

③クレジットで購入した商品ローン

 
④リボ払いでまだ完済していない商品ローン

 
⑤保証人になっている場合のその保証額

 
⑥会社・友人・知人・親戚などからの借金
 

⑦滞納中の家賃・電話料金・携帯電話料金・光熱費など(法律上、これらを滞納すると借金とみなされます。)
 

このように、包み隠さず全ての借金を書き出して、現在の借金の全体像をしっかりつかむことが大切になります。
 

ショウブ(優しい心)ショウブ(優しい心)

借金を書き出す作業は辛くて涙があふれてしまいそうね・・・。大変だけど債務整理の大切な1歩なのですよ。さあ!一緒に乗り越えますよ。

借金一覧表には完済した債権者も記入する

 

上記の借金一覧表作成において、「すでに借金の支払いが完済している場合でも、その債権者と金額を記入しておく」ことがポイントです。
 

完済した借金は安心感もあり明細書も処分されたかもしれませんが、借入先の債権者と借り始めた時期が覚えてましたら記入をします。
 

借金がすでに完済している場合の元本は、当然にゼロとなっていますが、完済までに支払い続けてきた利息は、「出資法」による高利の利息(年利29.2%)の場合があるのです。
 

引き直し計算をすることで、支払い過ぎた利息がわかります。本来、支払い過ぎた利息は元本の返済に充てられて計算されますので、支払うべき利息はさらに少なくなります。

 
つまり、長い年月を29.2%の高い利息で借金を支払い続けていたあなたへは、「支払う必要のないお金「過払い金」)を支払っていたことになり、過払い金を請求できる権利があなたにはあるのです。
 

関連記事>>>高金利は返済しない!法律で定めた利息制限法で過払い金を取り戻そう
 
お心当たりありましたら、完済された借金をもう一度確認されると安心ですね。

 
債務整理に特化して全国対応!信頼と実績の弁護士・司法書士をご紹介
 

ツワブキ(困難に負けない)ツワブキ(困難に負けない)

弁護士さんは、あなたの強い強い味方ですよ!見栄も恥も一切捨てて、オープンに弁護士さんへ当たるのですよ!